2017年06月05日

ナミの扁平上皮癌

お久しぶりです
さんじが更新いたします。

今回のナミの病気に関しましては、ブログや直接メッセージを頂いたり
私達を気遣っていてくれたお友達やアドバイスを頂いた先輩方には本当に感謝しています。

もし、私達夫婦がブログもしていなくて、犬友達もいなく
自分たちだけで判断・決断しないといけなかったら・・・と思うと
ナミが癌になってしまった事の、不安や絶望感で押し潰されてしまいそうだったと思います。

また、ネオベッツの看護師の皆様も、痛さや不安で泣いているナミを
気分転換になればと、敷地内ではありますが、屋外に出していてくれた事や
少しでもリラックスできるように配慮して頂きました事感謝しています。

そして執刀して頂いた先生とは、退院時にもお話させて頂きましたが
『手術前には、手術による顔の歪みも、命にはかえられないと、
覚悟している飼い主でも、術後の顔を見てショックを受ける飼い主を沢山
見て来たから、出来るだけ顔の印象が変わらないように工夫しました』と
ご配慮頂きました事、本当に感謝しています。

私も手術前は、ナミがどんな顔になろうと、命を救えるなら本望と覚悟していました・・・
でも正直、術後のナミの顔を見るのが不安で怖かったです。

愛犬の病気を治すだけでなく、これから続く私達との生活の事も考えて
オペして下さった事は私達も救われました。

沢山の方々の思いのおかげで助かった命を大切にして
これからのナミとの生活を楽しみたいと思っています。
本当にご心配をおかけしました。
そして、ありがとうございました。

IMG_20170604_180849-1.jpg

追記として、今回の病気の記録を残します。
“何か家の子変だな?”という時等の情報の一つになれば
また、早期発見により、助かる子達が増える事を願っています。
※患部等の画像もありますので、閲覧にはご注意下さい。


blogram投票ボタン
 
人気ブログランキング投票へ.gif



ここからは記録として残させて頂きます。
内容には、私の感想や気付いた事も記載しますが
私は医師ではありませんので、あくまで我家の記録と考えて下さい。

nami-1.jpg

手術前の患部の状態です。
歯茎が赤く腫れてきていて、歯を洗った時に、血が出ている時があったのが
手術する約2ヶ月ぐらい前だと思います。

今思えば、この当時、急にマズルを頻繁に掻くようになったり、口臭が気になる事がありました。
体の異変をしめすサインだったのかも知れません。

わずか2ヶ月で赤く腫れていただけから、プツプツが目立つようになっています。
ナミが5歳と若いのも関係するのか進行も思っていたより早かったようです。

以下の画像は、術前、術後に撮影されたCTを3D化されたものです。
ネオベッツにて、画像を見ながらご説明頂きました。

nami-2.jpg

癌患部や範囲を分かり易くする為に、造影剤を使った画像です。
先ほどの患部の画像でプツプツと腫れている部分が赤く写っています。

nami-3.jpg

nami-4.jpg

アップにしたものです。
癌は歯茎だけでなく、上顎も溶かして進行していました。
これによって、当初思っていたよりも広範囲の除去が必要になりました。

nami-5.jpg

nami-6.jpg

術前と術後の画像です。
結果的に前歯4本と、犬歯の後ろまでで、合計7本の歯と
上顎の一部を除去しました。

nami-7.jpg

これだけ広範囲にわたって除去したにも拘らず、黙っていたら手術をした事もわからない位
顔の印象も変わらず、オペしていただけたのは、先生の技術の高さのおかげです。

かかりつけの病院での診察で、どうしても納得いかない説明で終わることもあると思いますが
その時には、ネオベッツのような二次診療での診察もセカンドピニオンとして重要だと
身に染みておもいました。

少しでも多くのわんチャンの命が早期発見で救われる事を祈っています。



posted by さんじ at 12:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 扁平上皮癌の手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さんじさん、たまやんさん、こんばんは。

ナミちゃん、かなりの範囲を切除されていたんですね。ほんとに早期発見できてよかった。
飼い主さん思いの医療関係者の皆さんや、応援してくださった皆さんのおかげでナミちゃんがここまで回復できたんですね。本当によかった!
また、大変な状況だったでしょうに貴重な情報を発信してくださり、私たちも家の子たちの異変に少しでも早く気づかないといけないなと、改めて感じることができました。ありがとうございます。
ナミちゃん、まだまだこれからも経過観察の必要があるのでしょうが、チャンプくんに手を尽くされたさんじさんとたまやんさんのことですから、きっと今までどおりの生活ができるようになるって私は信じていますよ。
Posted by ルーシーパール at 2017年06月05日 22:01
>ルーシーパールさんへ
ルーシーパールさんには、私達はいつも力付けて頂いています。
本当に有難うございます。

組織を取っての細胞の検査では、初期だと言われていましたので、歯と歯茎だけの切除ですむと思っていました。
でもCTを撮ってみると、画像のように実際は骨まで進行していました。
癌の手術の場合、一回目で完全に取りきる事が大前提ですので、結果切除範囲も広くなってしまいました。

訓練もダンベルを咥えるのはまだまだ先になると思いますが、それ以外の科目の練習から再開したいと思っています。
時間はかかっても、ナミと一緒にUDを完成させたいと思っておりますので、その報告が出来るまで、今しばらくお待ち下さいね!
頑張ります!

Posted by さんじより at 2017年06月06日 10:51
さんじさん、たまやんさん
ナミちゃん、順調に回復しているようで良かったです。お話を伺っていましたが、実際に3D画像を見ると本当に大変な手術だったのだ分かりました。また、お顔が元とほとんど変わっていないように見えるので、名医にあたってナミちゃんは幸運だったと思います。
たぶん、地方では無理な手術だっただろうと思います。関東や関西だと難しい手術に対応できる病院があるので安心ですね。
1日も早く元の生活に戻れるよう祈っています。
Posted by エアウーマン at 2017年06月06日 18:07
>エアウーマンさんへ
ご心配をおかけしておりました。

こちらの病院は、二次診療という事もあり、一般の動物病院では対応できない手術や、
病状の愛犬・愛猫を診ていただけます。

動物病院からの紹介のみで、完全予約制ですが、
駐車場には本当に遠方から来られている車もありました。
比較的近くに、このような病院があった事も幸運だったと私も思います。

Posted by さんじより at 2017年06月07日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450554878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック